子どもが虫歯になってしまう主な原因は母子感染です。そのためお子様がお腹にいる時、つまりマイナス1歳の時、お母様のお口の中をきれいにしておかないとお子様に虫歯菌をうつしてしまう危険があるのです。生まれてくるお子様を守るためにも、妊娠中は普段以上にお口のケアに気をつけましょう。セルフケアには限界ありますので、定期的に歯科医院で適切なケアを受けることが大切です。

妊娠性歯周炎に注意しましょう

女性は妊娠すると、ホルモンバランスが変わり、口内環境も悪化しやすくなります。虫歯や歯周病になりやすくなりますが、とくに妊娠性歯周炎には注意が必要です。妊娠性歯周炎にかかると歯周病菌の影響により、早産や低体重児出産を引き起こしてしまう可能性があるのです。

妊娠中や授乳中の方にも安心な光殺菌治療

妊娠中には使えないお薬があるなど治療の制限があるのですが、当院は抗生物質を使わない安全な治療法として、光殺菌治療を取り入れております。抗生物質を使用しませんので副作用もなく、妊娠中や授乳中の方も安心して治療を受けていただけます。どうぞ安心してご来院ください。

光殺菌治療について