歯を失う原因の約半数は歯周病です。
全身の健康にも影響する歯周病のリスクを減らすためにも口腔ケアをしっかりと行いましょう。

歯周病は全身の健康にも影響します

近年、歯周病が心臓・循環器疾患や糖尿病といった生活習慣病に深く関わっていることが明らかになってきました。歯周病菌が血管に入ってしまうことにより、心筋梗塞、脳梗塞などが発症するリスクが高まったり、気管から肺に入り肺炎になってしまうこともあります。また、噛み合わせが悪くなると、頭痛・肩こり・腰痛などといった症状として現れることもあります。

口内環境の改善で健康に

歯周病の主な治療は、歯垢・歯石を完全に取り除き、歯根の表面を滑らかにして歯周病菌を除去することです。そしてお口の中の環境改善を図ることで進行を阻止し、健康を取り戻すことができます。毎日の正しいブラッシングと、生活習慣や食事の工夫や改善も再発防止のためには重要です。また、定期的にプロによるクリーニングを行うことをおすすめします。