審美歯科とは、虫歯や歯周病の治療に加えて、美しさとより高い機能に焦点を当てた歯科治療のことです。

歯本来の美しさを再現します。

当院は、ただ見た目を綺麗に整えるのではなく、『審美=自然のもつ本来の美しさ』を再現することが大切なことだと考えております。歯並び、噛み合わせ、歯肉の状態を診ながらお口元から美しく若々しさを得られる治療をご提案いたします。

メタルフリー治療をおすすめしております

保険診療で使用する銀歯は、金属イオンにより歯茎が黒ずんでしまったり、金属アレルギーの原因となる可能性があります。審美性、機能性、安全性に優れたセラミックス素材の使用をおすすめします。

メタルフリー治療のメリット

見た目が美しい

セラミックスは透明感のある自然で美しい素材です。周りの歯の色に限りなく近い色に調節できますので、治療したことがわからないほどの自然な仕上がりになります。

劣化や着色が少ない

銀歯の場合、経年劣化によって金属イオンが溶け出すことがあり、それが原因で歯ぐきが黒ずむことがあります。一方セラミックスは金属を含みませんので、金属イオンによる歯ぐきの黒ずみは起こりません。また、耐久性と強度に優れた素材で素材自体への着色もほとんどありません。

安全性が高い

金属不使用の素材ですので身体にやさしく、金属を原因とするアレルギーの心配がありません。

歯垢がつきにくい

表面がなめらかなので、歯垢の付着が少なく虫歯になりにくい素材です。

 

金属アレルギーのリスクについて

歯科治療に使用した金属が時間とともにお口の中に溶け出し、それが体に取り込まれてアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。金属アレルギーは症状が出るまでに時間がかかる上、身体のどの部分に起こるかわからず、原因不明のお肌のトラブルや倦怠感、頭痛などの症状に悩まされている方も少なくありません。気になる症状がありましたら、ご相談ください。

金属アレルギーの主な症状

湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、シミ・シワ、肌荒れ、口内炎、口唇炎、舌炎、口腔扁平苔癬、肩こり、関節の痛み、頭痛、自律神経失調症、全身倦怠、脱毛症など

 

 

当院で使用している主な素材

オールセラミックス
オールセラミックスは強度に優れ、耐久性が高く、透明感があり天然歯と見分けがつかないほど美しく自然な仕上がりです。
歯垢が付きづらく二次的な虫歯になりにくいのも特長です。

ハイブリッドセラミックス
セラミックスと歯科用プラスチックの混合材料です。天然歯と同等の硬さのため、自然の歯に近い噛み心地を実感できます。強度はセラミックスと同等ですが経年により若干変色を起こします。オールセラミックスより安い費用で作れます。

PGA(白金加金)
体に害の少ない金属で、保険診療の銀歯よりやわらかく、歯との境目から二次的な虫歯になりにくいのが特徴です。銀歯と違い噛み合う歯も痛めません。色は白色に近い金色です。

ファイバーコア
歯の被せ物の土台を「コア」といいます。保険の場合は金属製のコアが使われますが、白い樹脂素材で作られたファイバーコアは、しなる性質があり、歯が割れる可能性が低くなります。金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色もありません。歯を削る量も金属よりも少なくて済みます。