人は生まれた時はお口の中が無菌の状態です。 口移しなどで飲食させることにより虫歯菌や歯周病菌が移ってしまいます。 口の中の環境は、およそ3歳頃までにできあがりますので、それまでにしっかりブラッシングの習慣をつけてあげることがたいせつです。

おうちでのブラッシングに加え、定期的なフッ素塗布を

乳歯は非常に歯質が薄く、生え変わり時期の永久歯も溝の形が複雑で虫歯になりやすい性質です。一人で歯をみがけるようになっても、みがき残しは必ずありますのでおうちでのブラッシングチェック、仕上げみがきをしてあげましょう。歯の表面についた歯垢を早めに取り除き、定期的にフッ素塗布をして歯質の強化をすることをおすすめします。

女性医師がやさしく診療します

女性医師がやさしくていねいに、できるかぎり痛みを感じさせない治療をします。治療を怖がっていたお子様も喜んで通院していますので、安心してご来院ください。
お子様の歯のこと、虫歯予防のこと、治療について不安なことなど、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

 

フッ素塗布について

虫歯の予防のためにフッ素を直接歯に塗布します。

フッ素塗布の効果
・歯質を強化し、虫歯になりにくい歯にします。
・虫歯になりかけた部分の自然修復(再石灰化)を促進します。
・抗菌作用や抗酵素作用により、虫歯菌の活動を抑制します。

 

マタニティ歯科はこちら